「佳き日に…」